〔免疫療法を中心としたがんの総合治療〕

福岡がん総合クリニックの特色

当院での治療をお考えの方へ

当院で行っている主な診療内容

その他

詳細を見る

温熱併用療法 / 免疫・化学療法 / がん性胸水・がん性腹水の治療


皆様へのお知らせ

★HOT NEWS
当院長の免疫療法に関する最新の論文が発表されました。( >> PDFでご覧頂けます
MORISAKI T,HIRANO T,KOYA N,KIYOTA A,TANAKA H,IMEBAYASHI M,ONISHI H and KATANO M
「NKG2D-directed Cytokine-activated Killer Lymphocyte Therapy Combined with Gemcitabine for Patients with Chemoresistatic Solid Tumors」
ANTICANCER RESEARCH 34:4529-4538(2014)
標準治療耐性の進行がんに対するジェムザールと活性化リンパ球の併用療法の効果とそのメカニズムを示した当院からの最新の論文です。
2016/07/30
「治療例について」を更新しました。
2016年7月までの分布図を更新しました。
2016/06/30
「治療例について」を更新しました。
2016年6月までの分布図を更新しました。
2016/05/31
「治療例について」を更新しました。
2016年5月までの分布図を更新しました。
2016/05/16
「学会・研究会発表等」を更新しました。
第15回大分県緩和ケア研究会 県北支部会
2016/04/30
「治療例について」を更新しました。
2016年4月までの分布図を更新しました。
2016/03/31
「治療例について」を更新しました。
2016年3月までの分布図を更新しました。
2016/02/29
「治療例について」を更新しました。
2016年2月までの分布図を更新しました。
2016/01/30
「治療例について」を更新しました。
2016年1月までの分布図を更新しました。

> 更新履歴はこちらから


院長著書のご案内

標準治療耐性の進行がんに対するジェムザールと活性化リンパ球の併用療法の効果とそのメカニズム

> 詳細はこちらからご覧いただけます

セカンドオピニオンについて 細胞凍結保存のすすめ
PD-1抗体薬のその後 最新のがん治療updateを読む
当院の研究活動について
院長コラム25 最新のコラムの内容を読む
認定再生医療等委員会について

このページの先頭へ