福岡がん総合クリニック

業績紹介メニュー

免疫療法関係論文

  1. Lymph Nodes as Anti-Tumor Immunotherapeutic Tools: Intranodal-Tumor-Specific Antigen-Pulsed Dendritic Cell Vaccine Immunotherapy
    Takashi Morisaki, Takafumi Morisaki, Makoto Kubo, Shinji Morisaki, Yusuke Nakamura and Hideya Onishi
    Cancers 2022, 14(10), 2438; 
    DOI:https://doi.org/10.3390/cancers14102438 - 15 May 2022 [ NEW ]
    樹状細胞ワクチンのリンパ節内投与の科学的合理性

    樹状細胞ワクチンは、通常、皮内投与される施設が多い。しかしながら、皮内投与の場合は、樹状細胞のほとんどが領域リンパ節に到達せず、ワクチンの投与ルートとしては最適とは言えない。リンパ節には、リンパ節動静脈から全身のリンパ球が常に出入りしているため抗原を提示した樹状細胞と遭遇する機会が多く、リンパ節内の樹状細胞で抗原刺激を受けて増殖したリンパ球は輸出リンパ管から全身の循環系に移行することより、ネオアンチゲンプチド樹状細胞をリンパ節内に投与した方が最も効率がよいと考えられる。本総説は、リンパ節の微小環境とワクチン投与ルートとしての科学的合理性について報告した論文である。
  2. Contribution of pre-existing neoantigen-specific T cells to a durable complete response after tumor-pulsed dendritic cell vaccine plus nivolumab therapy in a patient with metastatic salivary duct carcinoma
    Shu Ichimiya, Takashi Morisaki et al.
    IMMUNOLOGICAL INVESTIGATIONS
    DOI:https://doi.org/10.1080/08820139.2021.1973491 Published online: 05 Sep 2021
    樹状細胞ワクチン+オプジーボにより完治し7年経過したステージIV耳下腺癌症例とネオアンチゲンの関与

    耳下腺導管癌は極めて予後不良の癌である。本報告は、耳下腺導管癌の手術・重粒子線治療後に多発リンパ節、多発肺転移をきたした症例に対し、自己腫瘍パルス樹状細胞ワクチン後にニボルマブ(オプジーボ)を1回投与後に、腫瘍がすべて消失し(CR)、2022年現在まで7年間無再発例の免疫学解析を行い、ネオアンチゲン反応性Tリンパ球の関与を証明した最初の報告である。
  3. Neoantigens elicit T cell responses in breast cancer
    Takafumi Morisaki, Makoto Kubo, Masayo Umebayashi, Poh Yin Yew, Sachiko Yoshimura, Jae-Hyun Park, Kazuma Kiyotani, Masaya Kai, Mai Yamada, Yoshinao Oda, Yusuke Nakamura, Takashi Morisaki & Masafumi Nakamura
    Published: 30 June 2021
    ScientificReports volume 11, Article number: 13590 (2021)
    DOI:https://doi.org/10.1038/s41598-021-91358-1
    乳癌におけるネオアンチゲン解析と免疫療法への応用

    乳癌におけるネオアンチゲンの臨床的意義は定まっていない。乳癌の初発、再発病巣のネオアンチゲン解析結果と種々の病理学因子との相関では、Triple Negative(TNBC)例でネオアンチゲン数が多かった。免疫関連因子の発現とネオアンチゲンの相関はみられなかった。標準治療耐性のTNBC症例のがん細胞のネオアンチゲン解析を行い、ネオアンチゲンペプチドで自己リンパ球からの腫瘍特異的CTL の誘導に成功した。本論文は、TNBC例に対するネオアンチゲン特異的CTL療法の免疫学的背景を証明した。
  4. Efficacy of Intranodal Neoantigen Peptide-pulsed Dendritic Cell Vaccine Monotherapy in Patients With Advanced Solid Tumors: A Retrospective Analysis
    Takashi Morisaki, TAKAFUMI MORISAKI, MAKOTO KUBO, HIDEYA ONISHI, TATSUYA HIRANO, SHINJI MORISAKI, MASATOSHI ETO, KEISUKE MONJI, ARIO TAKEUCHI, SHINICHIRO NAKAGAWA, HIROTO TANAKA, NORIHIRO KOYA, MASAYO UMEBAYASHI, KENTA TSUJIMURA, POH YIN YEW, SACHIKO YOSHIMURA, KAZUMA KIYOTANI and YUSUKE NAKAMURA
    Anticancer Research August 2021, 41 (8) 4101-4115;
    DOI:https://doi.org/10.21873/anticanres.15213
    Class-I ネオアンチゲンペプチドパルス樹状細胞ワクチンのリンパ節内投与療法単独での臨床効果および免疫学的効果に関する本邦初の英文論文報告

    2019年から開始した我が国初となるネオアンチゲンペプチド樹状細胞のリンパ節内投与療法単独での効果について臨床的・免疫学的解析を行った17例についての英文論文報告である。症例の中には、本治療6回終了後に多発肺転移が完全消失し(CR)、現在3年半(2022年10月)経過した腎臓がん術後多発肺転移例が含まれている。
  5. Intranodal Administration of Neoantigen Peptide-loaded Dendritic Cell Vaccine Elicits Epitope-specific T Cell Responses and Clinical Effects in a Patient with Chemorefractory Ovarian Cancer with Malignant Ascites
    Takashi Morisaki,Tetsuro Hikichi,Hideya Onishi,Takafumi Morisaki,Makoto Kubo,Tatsuya Hirano,Sachiko Yoshimura,Kazuma Kiyotani &Yusuke Nakamura
    DOI:https://doi.org/10.1080/08820139.2020.1778721
    本邦初報告となるネオアンチゲンワクチン療法

    ネオアンチゲンは、腫瘍細胞の遺伝子変異の集積の結果、がん細胞のみに発現しHLA- クラスI分子に親和性のあるペプチドであり、CTL(腫瘍抗原特異的細胞傷害性Tリンパ球)ががん細胞を認識・攻撃するがん細胞特異的な目印であり、個別化がんワクチンとして期待されている。本論文は、ネオアンチゲン樹状細胞ワクチンのみで臨床効果(癌性腹水の減少と腫瘍マーカーの低下)が得られた標準治療(再発後3種類の抗がん剤レジメン)耐性の卵巣癌がん性腹膜炎の症例報告である。我国ではネオアンチゲンワクチンの最初の英文論文報告となる。
  6. Usefulness of the nCounter Analysis System to Monitor Immune-related Biomarkers in PBMCs During Anti-PD-1 Therapy
    TAKAFUMI MORISAKI, MAKOTO KUBO, MASAYO UMEBAYASHI, YUAN YUAN, AKIHIRO TSUNODA, HIROTO TANAKA, NORIHIRO KOYA, SHINICHIROU NAKAGAWA, TAKASHI MORISAKI and MASAFUMI NAKAMURA
    ANTICANCER RESEARCH 39:4517-4523(2019)
    doi:10.21873/anticanres.13628
  7. Catumaxomab with Activated T-cells Effectively Lyses Chemoresistant EpCAM-positive Triple-negative Breast Cancer Cell Lines
    MAKOTO KUBO, MASAYO UMEBAYASHI, KANAKO KURATA,HITOMI MORI, MASAYA KAI, HIDEYA ONISHI, MITSUO KATANO, MASAFUMI NAKAMURA, and TAKASHI MORISAKI
    ANTICANCER RESEARCH 38:4273-4279(2018) doi:10.21873/anticanres.12724
  8. Long-term survival of a patient with recurrent gallbladder carcinoma, treated with chemotherapy, immunotherapy, and surgery: a case report.
    Kawamoto M, Wada Y, Koya N, Takami Y, Saitsu H, Ishizaki N, Tabata M, Onishi H, Nakamura M, Morisaki T.
    Surg Case Rep. 2018 Sep 15;4(1):115. doi: 10.1186/s40792-018-0512-6.
    免疫細胞療法の併用により長期生存した多発肝転移を有する胆嚢がん再発患者の症例報告

    肝転移を伴う胆嚢がんの予後は極めて不良である。多発肝転移を有する胆嚢がん再発症例に対し、化学療法に免疫細胞療法とMCN療法(マイクロウエーブ療法)を併用することにより、9年以上の長期生存が得られた症例を経験した。細胞療法(活性化自己リンパ球療法、樹状細胞刺激活性化自己リンパ球療法)の免疫学的効果の考察を含め、その臨床経過につき詳細に報告した。
  9. Stage IV gastric cancer successfully treated by multidisciplinary therapy including chemotherapy, immunotherapy, and surgery: a case report.
    Kawamoto M, Onishi H, Koya N, Konomi H, Mitsugi K, Tanaka R, Motoshita J, Morisaki T, Nakamura M.
    Surg Case Rep. 2017 Oct 23;3(1):112. doi: 10.1186/s40792-017-0380-5.
    多発転移を有するステージIV胃癌の免疫細胞療法による完治例の報告

    大動脈周囲から頸部までの広範にわたるリンパ節転移を有するステージIVの胃癌の予後は極めて不良である。我々は、化学療法と免疫細胞療法(活性化自己リンパ球療法)を併用した術前補助療法によりリンパ節転移を縮小させた後に胃全摘術を行い、術後もTS-1内服と自己腫瘍蛋白パルス樹状細胞刺激リンパ球療法を併用した術後補助療法を行い、術後無再発6年間を経過した(2022年現在12年無再発経過)症例を経験したので報告した。
  10. Makoto Kawamoto, Hideya Onishi, Norihiro Koya, Hiroyuki Konomi, Kenji Mitsugi, Risa Tanaka,Junichi Motoshita, Takashi Morisaki, and Masafumi Nakamura
    [Stage IV gastric cancer successfully treated by multidisciplinary therapy including chemotherapy, immunotherapy, and surgery: a case report]
    Surgical Case Reports (2017)3:112 DOI 10.1186/s40792-017-0380-5
  11. Onishi H, Fujimura A, Oyama Y, Yamasaki A, Imaizumi A, Kawamoto M, Katano M, Umebayashi M, Morisaki T
    [Hedgehog signaling regulates PDL-1expression in cancer cells to induce anti-tumor activity by activated lymphocytes.]
    Cell Immunol.2016Dec;310:199-204.doi:10.1016/j.cellimm.2016.08.003.Epub2016Aug 8.
  12. MORISAKI T,HIRANO T,KOYA N,KIYOTA A,TANAKA H,UMEBAYASHI M,ONISHI H and KATANO M
    「NKG2D-directed Cytokine-activated Killer Lymphocyte Therapy Combined with Gemcitabine for Patients with Chemoresistatic Solid Tumors」
    ANTICANCER RESEARCH 34:4529-4538(2014)
    化学療法耐性進行がん例に対するジェムザール+活性化自己リンパ球療法の臨床効果とその免疫学的背景

    活性化Tリンパ球や活性化NK細胞で高発現するNKG2Dは、がん細胞のストレス抗原MICA/BやULBPsを認識する分子である。従って、免疫細胞側のNKG2Dの発現を高めたり、がん細胞側のMICA/Bなどを高める方法は、活性化リンパ球によるがん細胞排除を促進する。化学療法に耐性となった進行がん患者に対し、Gemcitabine(ジェムザール)を併用した活性化自己リンパ球療法を行った23例の進行がん患者についての治療結果と、併用メカニズムについて示した論文である。
  13. UMEBAYASHI M ,AKIFUMI K,KOYA N,TANAKA H,ONISHI H, KATANO M and MORISAKI T
    「An Epithelial Cell Adhesion Molecule-and CD3-Bispecific Antibody Plus Activated T-Cells Can Eradicate Chemoresistant Cancer Stem-like Pancreatic Carcinoma Cells In Vitro」
    ANTICANCER RESEARCH34:4509-4520(2014)
    抗がん剤耐性がん幹細胞様の膵癌細胞に対するバイスペシフィック抗体と免疫細胞療法の併用効果

    化学療法耐性となられた膵癌患者さんの癌性腹水から分離されたがん幹細胞様細胞に対し、Ep-CAM(がん細胞表面抗原)とCD3(Tリンパ球表面抗原)の両者に結合するバイスペシフィック抗体カツマキソマブと活性化自己Tリンパ球を併用することにより、抗がん剤耐性がん幹細胞様細胞に対し高い傷害活性を誘導できることを証明した論文である。
  14. Onishi H, Morisaki T, Kiyota A, Koya N, Tanaka H, Umebayashi M, Katano M
    The Hedgehog inhibitor suppresses function of monocyte-derived dendritic cells from patients with advanced cancer under hypoxia.
    Biochem Biophys Res Common.2013 Jun 21;436(1):53-9.
  15. Onishi H, Morisaki T(※1), Nakao F, Odate S, Morisaki T(※2), Katano M
    Protein-bound polysaccharide decreases invasiveness and proliferation in pancreatic cancer by inhibition hedgehog signaling and HIF -1αpathways under hypoxia.
    CancerLeft.2013 Jul 28;335(2):289-98.
    (※1:Morisaki Takafumi ※2:Morisaki Takashi)
  16. Onishi H, Morisaki T, Kiyota A, Koya N, Tanaka H, Umebayashi M, Katano M
    The hedgehog inhibitor cyclopamine impairs the benefits of immunotherapy with activated T and NK lymphocytes derived from patients with advanced cancer.
    Cancer Immunol Immunother,2013 Jun;62(6):1029-39.
  17. Suzuki H, Onishi H, Morisaki T, Tanaka M, Katano M
    Intratumoral FOXP3+VEGFR2+regulatory T cells arepredictive markers for recurrence and survival in patients with colorectal cancer.
    Clin Immunol. 2013 Jan;146(1):26-33.
  18. Onishi H,Koya N,Kiyota A,Tanaka H,Umebayasi M,Katano M,and Morisaki T
    A New Method for Rapid Cytotoxic T-lymphocyte Induction Using a Multiple Cytokine Cocktail
    ANTICANCER RESEARCH32:2385-2390(2012)
    抗腫瘍特異的Tリンパ球の短時間誘導法

    通常、腫瘍抗原特異的細胞傷害性Tリンパ球(CTL)を誘導する場合、腫瘍抗原(ペプチド・蛋白)を加えた単球由来樹状細胞に自己Tリンパ球を加え、低濃度IL-2の存在下に培養する方法(従来法)を用いられているが、3週間以上の時間がかかる。
    本論文はCTL誘導までの時間を短縮するために樹状細胞の培養、抗原添加、リンパ球との共培養を同時に開始することにより、従来法とそん色のないCTLを誘導できることを、ヒト肝細胞株 HepG2(HLA-A 24,02)とHLA-A24,02のHLA クラスIタイピングを合わせた健常人末梢血単核球由来CTLを用いて証明した論文である(Rapid-CTL法)。
    現在は、この方法を修飾し、樹状細胞の超短時間誘導の後に抗原添加、樹状細胞の成熟化、リンパ球との共培養を連続的に短時間で行うRapid-DAK法を採用している。
  19. Morisaki T, Umebayasi M, Kiyota A, Koya N, Tanaka H, Onishi H, and Katano M
    Combining Cetuximab with Killer Lymphocytes Synergistically Inhibits Human Cholangiocarcinoma Cells In Vitro
    ANTICANCER RESEARCH 32:2249-2256(2012)
    胆管癌細胞に対するセツキシマブと活性化自己リンパ球併用効果

    本論文は、ヒト胆管癌細胞株であるHuCCT1とOZに対し、抗EGFR1(HER1)抗体であるセツキシマブと、活性化リンパ球(Cytokine Activated Killer lymphocytes:CAK サイトカイン活性化T+NK細胞)を併用することにより胆管癌細胞に対する相乗的傷害活性を誘導できることを示した論文である。CAK細胞のFc受容体に結合したセツキシマブが、がん細胞表面のEGFRに結合することにより、CAKのがん細胞に対する傷害活性を高めるメカニズムを証明した。
  20. Morisaki T, Onishi H, and Katano M
    Cancer Immunotherapy Using NKG2D and DNAM-1 Systems
    ANTICANCER RESEARCH 32: 2241-2248(2012)
    がん免疫療法におけるNKG2DとDNAM-1

    細胞が種々のストレスに曝されると、MICA/BやULBPsというストレス抗原が細胞表面に増加するが、そのストレス抗原を認識するアンテナであるNKG2DやDNAM-1を活性化Tリンパ球や活性化NK細胞が有している。がん細胞表面にもストレス抗原が多く発現していることも知られている。この総説では、NKG2DとDNAM-1の作用メカニズムとがん治療への応用について詳説している。
    一方、がん細胞のみが有する特異抗原がネオアンチゲンであり、これを認識できるのはT細胞受容体をもつTリンパ球のみであり、その意味で、腫瘍免疫における司令塔となる成熟樹状細胞とともに最重要免疫である。
  21. Morisaki T, Onishi H, Koya N, et al.
    Combinatorial cytotoxicity of gemcitabine and cytokine-activated killer cells in hepatocellular carcionoma via the NKG2D-MICA/B system
    Anticancer Res 31:2505-2510,2011
    ジェムザールと活性化自己リンパ球併用による肝細胞がん傷害効果

    活性化Tリンパ球や活性化NK細胞上には、NKG2Dという特殊な分子が細胞表面上に発現しており、これはがん細胞やウイルス感染細胞に発現するMICA/Bなどのストレス抗原を認識し、攻撃破壊する上で重要な補助分子として知られている。
    この論文は、ヒト肝細胞癌株であるHepG2に低濃度の抗がん剤ジェムザールを作用させた後にサイトカイン活性化Tリンパ球を加えることにより相乗的にがん細胞に対する傷害活性が増強することを示し、そのメカニズムとしてジェムザールにより、がん細胞表面上にストレス抗原であるMICA/Bが増加誘導されることを証明した。ジェムザール+活性化自己リンパ球療法併用による抗腫瘍効果の理論的背景を示した。
  22. Suzuki H, Onishi H, Wada J, Yamasaki A, Tanaka H, Nakano K, Morisaki T, Katano M.
    VEGFR2 is selectively expressed by FOXP3high CD4+ Treg.
    Department of Cancer Therapy and Research, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University, Fukuoka, Japan.
    Eur J Immunol.2010 Jan;40(1):197-203.
  23. Suzuki H, Chikazawa N, Tasaka T, Wada J, Yamasaki A, Kitaura Y, Sozaki M, Tanaka M, Onishi H, Morisaki T, Katano M.
    Intratumoral CD8(+) T/FOXP3(+) cell ratio is a predictive marker for survival in patients with colorectal cancer.
    Cancer Immunol Immunother.2010 May;59(5):653-61. Epub 2009 Nov 12.
  24. Wada J, Onishi H, Suzuki H, Yamasaki A, Nagai S, Morisaki T, Katano M.
    Surface-bound TGF-beta1 on effusion-derived exosomes participates in maintenance of number and suppressive function of regulatory T-cells in malignant effusions.
    Anticancer Res. 2010 Sep;30(9):3747-57.
  25. Yamasaki A, Kameda C, Xu R, Tanaka H, Tasaka T, Chikazawa N, Suzuki H, Morisaki T, Kubo M, Onishi H, Tanaka M, Katano M.
    Nuclear factor kappaB-activated monocytes contribute to pancreatic cancer progressiion through the production of Shh.
    Cancer Immunol Immunolher.2010 May;59(5):675-86. Epub 2009 Oct 28.
  26. Wada J, Suzuki H, Fuchino R, Yamasaki A, Nagai S, Yanai K, Koga K, Nakamura M, Tanaka M, Morisaki T, Katano M.
    The contribution of vascular endothelial growth factor to the induction of regulatory T-cells in malignant effusions.
    Anticancer Res. 2009 Mar;29(3):881-8.
  27. Yamasaki A, Shoda M, Iijima H, Nagai S, Wada J, Suzuki H, Chikazawa N, Tasaka T, Kameda C, Tanaka H, Ikebe M, Jo E, Sato N, Nakamura M, Sekine F, Morisaki T, Katano M.
    A protein-bound polysaccharide, PSK, enhances tumor suppression induced by docetaxel in a gastric cancer xenograft model.
    Anticancer Res. 2009 Mar;29(3):843-50.
  28. Nakamura M, Wada J, Suzuki H, Tanaka M, Katano M, Morisaki T. Long-term outcome of immunotherapy for patients with refractory pancreatic cancer.
    Anticancer Res. 2009 Mar;29(3):831-6.
  29. Wada J, Yamasaki A, Nagai S, Yanai K, Fuchino K, Kameda C, Tanaka H, Koga K, Nakashima H, Nakamura M, Tanaka M, Katano M, Morisaki T.
    Regulatory T-cells are possible effect prediction markers of immunotherapy for cancer patients.
    Anticancer Res. 2008 Jul-Aug;28(4C):2401-8.
  30. Tatsugami K, Eto M, Harano M, Hamaguchi M, Miyamoto T, Morisaki T, Furue M, Akashi K, Naito S.
    Dendritic cell therapy in combination with interferon-alpha for the treatment of metastatic renal cell carcinoma.
    Int J Urol. 2008 Aug;15(8):694-8. Epub 2008 Jun 16.
  31. Kubo M, Morisaki T, Katano M, et al.
    Paclitaxel probably enhances cytotoxicity of natural killer cells against Breast carcinoma cells by increasing perforin production
    Cancer Immunol Immunother 54:468-476, 2005
  32. Katano M , Morisaki T, et al.
    Combination therapy with tumor cell-pulsed dendritic cells and activated lymphocytes for patients with disseminated carcinomas.
    Anticancer Res 25 (6A) : 3771-3776, 2005.
  33. Onishi H, Kuroki H, Katano M, Morisaki T.
    Monocyte-derived dendritic cells that capturedead tumor cells secrete IL-12 and TNF-α through IL-12/TNF-α/NF-κB autocrine loop
    Cancer Immunol Immunother 53:1093-1100, 2004
  34. Morisaki T, Matsumoto K, Onishi H, et al.
    Dendritic cell-based combined immuneotherapy with autologous tumor-pulsed dendritic cell vaccine and activated T cells for cancer patients: rationale, current progresss, and perspectives.
    Hum Cell 16(4):1-14,2003.

    樹状細胞療法の世界の現況と、活性化リンパ球療法の併用療法の可能性を示した総説論文。

  35. Morisaki T, Mastumoto K, Kuroki H, et al.
    Combined immunotherapy with intracavital injection of activated lymphocytes and monocyte-derived dendritic cells and low-dose OK-432 in patients with malignant effusion.
    Anticancer Res. 23:4459-4466, 2003.

    がん性腹膜炎、胸膜炎に対する局所への樹状細胞と活性化リンパ球投与併用移入療法の臨床的有用性を示した原著論文

  36. Kubo M, Morisaki T, Kuroki H, et al.
    Combination of adoptive immunotherapy with herceptin for patients with Her2-expressing breast cancer.
    Anticancer Res 23, 4443-4449, 2003.HER2

    陽性乳癌に対するハーセプチンと活性化リンパ療法との併用療法の可能性を示した原著論文。

  37. Kuroki H, Morisaki T, Matsumoto K, et al.
    Streptococcal preparation OK-432: a new maturation factor of monocyte-derived dendritic cells for clinical use
    Cancer Immunol Immunother 52:561-568, 2003

    樹状細胞の成熟化、活性化における菌体製剤OK-432の有用性の可能性を示した原著論文。

  38. Morisaki T, Matsunaga H, Beppu K, et al.
    A combination of cyclosporin-A (CsA) and Interferon-gamma (IFN-g) induces apoptosis in human gastric carcinoma cells.
    Anticancer Res. 20:3363-3374,2000.
  39. Zhang H, Morisaki T, Matsunaga H, et al.
    Protein-bound polysaccharide PSK inhibits tumor invasiveness by down-regulation of TGF-beta1 and MMPs.
    Clin Exp Metastasis. 2000;18(4):343-52.

    免疫増強剤(BRM)として知られるPSKが、癌細胞の浸潤能をTGF-β1とMMPの産生と活性化の抑制を介して抑制することを明らかにした。

  40. Morisaki T, Katano M, Ikubo A, et al.
    Immunosuppressive cytokines (IL-10, TGF-β) genes expression in human gastric carcinoma tissues. J. Surg. Oncol. 63:234-239, 1996

    ヒト胃癌組織においては、免疫抑制サイトカインであるTGF-β1とIL-10の発現が非がん組織よりも高いことを明らかにした。

  41. Ikubo A, Morisaki T, Katano M, et al.
    A possible role of TGF-β in the formation of malignant effusions.
    Clin. Immunol. Immunopath. 77:27-32,1995.
  42. Morisaki T, Morton D L , Uchiyama A, et al.
    Characterization and augmentation of CD4+ cytotoxic T cell lines against melanoma.
    Cancer Immunol Immunother 39:172-178,1994.

    悪性黒色腫に対する自己腫瘍特異的T細胞(CTL)のうち、CD4陽性のCTLの生物学的特性をCD8 CTLとの比較に於いて明らかにした原著論文

  43. Hoon D.S.B., Morisaki T, Uchiyama A, et al.
    Augmentation of T-cell response with a melanoma cell vaccine expressing specific HLA-A antigens.
    Ann New York Acad Sci 690:343-345, 1993
  44. Uchiyama A, Hoon D S B, Morisaki T, et al.
    Transfection of interleukin-2 gene into human melanoma cells augments cellular immune response
    Cancer Res. 53:949-952,1993.
  45. Uchiyama A, Morisaki T, Torisu M.
    Evidence that induction and regulation of lymphokine-activated killer (LAK) activity are mediated by changes in tumor-binding potential of lympocytes after activation by Interleukin-2 (IL-2)
    Immunology 741: 94-98, 1991.

    高濃度IL-2で活性化、増殖させたヒトLAK細胞の抗腫瘍活性の増強には接着分子LFA-1の発現増強に伴う癌細胞への接着能増強と相関することを明らかにした。

  46. Morisaki T, Yuzuki DH, Lin RT,et al.
    Interleukin4 Regulates G1 cell Cycle progression in gastric carcinoma cells Cancer Res.54,1113-1118,1994
  47. Hoon D S B, Hayashi Y, Morisaki T, et al.
    Interleukin-4 plus tumor necrosis factor a augments the antigenicity of melanoma cells.
    Cancer Immnuol. Immunother. 37:378-384,1993.
  48. Morisaki T, Yuzuki D H, Lin R T, et al.
    Interleukin-4 receptor expression and growth inhibition of gastric carcinoma cells by interleukin-4.
    Cancer Res. 52:6059-6065, 1992.

    ヒト胃癌細胞はTリンパ球やマスト細胞が産生するサイトカインであるIL-4(インターロイキン4)の受容体の遺伝子発現ならびに膜表面での蛋白発現があり、IL-4により増殖が抑制されることを明らかにした

  49. Morisaki T, and Torisu M
    Enhanced adherence activity of OK-432-induced peritoneal nuetrophils to tumor cells correlates to their increased expression of CD11b/CD18
    Clinical immunology and immunotherapy 59,474-486,1991

抗がん剤等による薬物療法に関する論文

  1. MAKOTO KAWAMOTO, MASAYO UMEBAYASHI, HIROTO TANAKA, NORIHIRO KOYA, SHINICHIRO NAKAGAWA, KEN KAWABE, HIDEYA ONISHI, MASAFUMI NAKAMURA and TAKASHI MORISAKI
    Combined Gemcitabine and Metronidazole Is a Promising Therapeutic Strategy for Cancer Stem-like Cholangiocarcinoma
    ANTICANCER RESEARCH 38:2739-2748(2018) doi:10.21873/anticanres.12516
    薬剤耐性がん幹細胞様胆管癌細胞に対するメトロニダーゼ+ジェムザールの併用効果

    進行胆道がんに対する化学療法の選択肢は少なく、多くは薬剤耐性となる。薬剤耐性がん細胞は、薬剤放出ポンプMDRの発現や薬物分解酵素ALDH1の発現が高いがん幹細胞様の細胞でもある。一方、抗生物質であるメトロニダゾールはALDH-1阻害剤である嫌酒薬disulfiramと似た臨床作用をもつ。本論文では、がん幹細胞様の薬剤耐性胆管がん細胞株にメトロニダゾールを加え、ALDH-1活性を抑制した上で、既に耐性になっているGemcitabineを作用させることにより、がん幹細胞障害活性を誘導できることを証明した。
  2. Onishi H,Ogino T, Morisaki T, Katano M.
    Development of Holistic Cancer Treatment Centering Cncer Patients-From the Standpoint of Hypoxia and Hedgehog signaling.
    Gan To Kagaku Ryoho 2017Nov; 44(11):977-980.
  3. Onishi H., Nakamura K., Nagai S., Yamasaki A., Kawamoto M., Imaizumi A., Morisaki T.
    Hedgehog Inhibition Upregulates TRK Expression to Antagonize Tumor Suppression in Small Cell Lung Cancer Cells.
    ANTICANCER RESEARCH 37(9):4987-4992(2017 Sep)
  4. Morisaki T, Umebayashi M , Kiyota A, Koya N, Tanaka H, Onishi H, Katano M
    Combining celecoxib with sorafenib synergistically inhibits hepatocellular carcinoma cells in vitro.
    ANTICANCER RESEARCH 33(4):1387-95(2013 Apr)
    分子標的薬ソラフェニブとセレコキシブの相乗的抗腫瘍活性

    ソラフェニブはVEGF, PDGF, EGFなどの増殖因子によるがんの増殖を阻害する分子標的薬剤である。しかしながら、ソラフェニブの高濃度では有害事象も多いことより、低濃度で抗腫瘍効果を発揮する方法が求められている。われわれは、2種類のヒト肝細胞癌HepG2とHuh7を実験に用いて、抗炎症剤として使用されているCelecoxibをSorafenibと併用することにより、相乗的細胞障害活性が得られることを、相乗効果index計算法を用いることにより科学的に証明した。
    以上により低濃度のSorafenibでも、Celecoxibを併用することによりがん抑制効果を示すことが明らかとなり、今後の臨床応用が期待される。
  5. Nakashima H , Tasakai A , Morisaki T, et al. Effects of docetaxel on antigen presentation-related functions of human monocyte-derived dendritic cells. Cancer Chemother Pharmacol. 55(5) : 479-487, 2005.
  6. Yamanaka N, Morisaki T, Katano M, et al Interleukin-1b enhances invaisive ability of gastric carcinoma through nuclear factor-kB activation Clin Cancer Res 10:1853-1859, 2004
  7. Beppu K, Morisaki T, Matsunaga H, et al.:Inhibition of interferon-γ-activated nuclear factor-κB by cyclosporin A: a possible mechanism for synergistic induction of apoptosis by interferon-γ and cyclosporin A in a gastric carcinoma cells. Biochem Biophys Res Comm. 305:797-805, 2003.
  8. Zhang H, Morisaki T, Nakahara C, Matsunaga H, Sato N, Nagumo F, Tadano J, Katano M. PSK-mediated NF-kappaB inhibition augments docetaxel-induced apoptosis in human pancreatic cancer cells NOR-P1.. Oncogene. 22:2088-2096, 2003
  9. Nakahara C, Nakamura K, Yamanaka N, Baba E, Wada M, Matsunaga H, Noshiro H, Tanaka M, Morisaki T, Katano M.:Cyclosporin-A enhances docetaxel-induced apoptosis through inhibition of nuclear factor-κB activation in human gastric carcinoma cells.Clin Cancer Res. 9: 5409-5416, 2003.
  10. Kuga H, Morisaki T, Nakamura K, et al.:Interferon-γ suppresses transforming factor-β-induced invasion of gastric carcinoma cells through cross-talk of Smad pathway in a three-dimensional culture model. Oncogene 22: 7838-7847, 2003 .

    ヒト胃癌の三次元人工組織をin vitroで再構築し、このモデルを用いて、スキルス胃癌における浸潤能へのTGF-β1の関与と、IFN-γ(インターフェロンガンマ)によるその抑制メカニズムを分子生物学的に明らかにした。

  11. Morisaki T, Katano M.: Mitochondria-targeting therapeutic strategies for overcoming chemoresistance and progression of cancer. Curr Med Chem 10:2517-2521, 2003.

    ミトコンドリアは細胞内においてATP産生に関わる重要な細胞内小器官であるが、通常の抗がん剤耐性の癌細胞が、このミトコンドリアを標的とした薬剤により傷害されることが明らかになってきた。本総説は、その研究、臨床における世界の現況をReviewしたものである。

  12. HAO LUO、Umebayashi M, Doi K, Morisaki T, Shirasawa S, Tsunoda T Resveratrol Overcomes Cellular Resistance to Vemurafenib Through Dephosphorylation of AKT in BRAF-mutated Melanoma Cells Anticancer Research36:3585-3590(2016)

和文総説

  1. 消化器外科2018-4  VOL.41 NO.4 April
    「化学療法と免疫療法」-がん免疫カンファレンスルーム第7回-
    大西秀哉 森崎 隆
    Key words:化学療法、免疫療法、樹状細胞、活性化リンパ球療法、immunogenic cell death
    コンテンツ
    ・化学療法と免疫療法の効果発現に要する時間的相違
    ・化学療法が免疫に及ぼす影響
    ・免疫を介して効果を発揮する薬物療法
    ・化学療法と免疫療法の併用のタイミング
    ・免疫チェックポイント阻害薬と免疫細胞療法のエビデンス
  2. 大西秀哉、荻野利達、森崎 隆、片野光男 がん局所微小環境と免疫療法 患者さんを見据えた全人的癌治療 ー低酸素環境とHedgehog Signalー 癌と化学療法 Vol.44 2017年11月
  3. 森崎 隆 「特集:併用療法による新たな展開」(Biotherapy:Vol.24 No.4 291-295)で『総説:分子標的薬剤と免疫』を執筆, July 2010
  4. 森崎 隆、田中裕人、他 NKG2Dを介した癌細胞認識機構と免疫細胞療法Biotherapy:24(1) 40-45, 2010
  5. 森崎 隆 免疫療法と化学療法併用による総合的癌治療―その理論と実際Biotherapy:23(4)295-301, 2009
  6. 片野光男、和田純治、鈴木宏往、山崎章生、大西秀哉、森崎 隆 腫瘍免疫と制御性T細胞 Biotherapy23:(3)245-255, 2009
  7. 森崎 隆、和田純治、渕野亮太、片野光男 癌免疫療法における経時的な制御性T細胞比率測定の臨床的意義 Biotherapy21:(5) 348-353, 2007
  8. 森崎 隆、佐々木暢彦、片野光男:癌におけるNF-κB活性化の臨床的意義;症における発癌と癌悪性化への関与: 放射線生物研究 37(4) 453-464, 2002.
  9. 森崎 隆、片野光男 「スキルス」胃癌の免疫療法ー特に再発例について外科治療 Vol 86, No6, 1096-1103, 2002
  10. 森崎 隆、片野光男、田中雅夫:消化器癌に対する補助療法「専門医のための消化器外科レビュー2001」総合医学社
  11. 森崎 隆、小島雅之、片野光男:がん治療の分子標的としてのNF-κBの意義 最新医学 56:3, 35-43, 2001
  12. 森崎 隆、片野光男 癌におけるNF-kBの活性化と抗アポトーシス機構 Cancer Frontier 2(1),42-50,2000.

和文症例報告

  1. 溝上沙央里、猿田 寛、今村太一、井上義彦、古村南夫、大畑千佳、森崎 隆、名嘉眞武国
    ベムラフェニブが短期間奏功した陰茎原発のStageⅣ悪性黒色腫の1例
    臨床皮膚科 第70巻 第8号 2016年7月1日発行 医学書院

がんに関する著書(分担執筆)

  1. Hoon D S B, Morisaki T, Essner R. Inhibition of nonhemopoietic cancer cell growth by Interleukin-4 and related cytokines. 219-240, In “Tumor Immunology: Immunotherapy and cancer vaccine”Edited by Dalgleish A G, Browning M J. Cambridge University Press. (Cambridge)1996
  2. 森崎 隆、井久保 丹、片野光男 2. Th1/Th2バランス外科領域における癌免疫療法ーその理論と実際ー 仁尾義則、片野光男ライフサイエンス・メディカ p25-p33
  3. 片野光男、森崎 隆 4.免疫学を基盤とした癌性腹膜炎治療 外科領域における癌免疫療法ーその理論と実際ー 仁尾義則、片野光男ライフサイエンス・メディカ p44-p58
  4. 片野光男、森崎 隆 がん性漿膜炎3. がん性腹膜炎、がん性腹水 臨床腫瘍学 p101-p108
ページのトップへ戻る