免疫療法

もっとも効果的な免疫療法を

当院では、診療の基本方針として他の保険医療機関との密接な診療連携のもと、外科手術、抗がん剤、放射線治療などの従来の標準的治療との調和をひとつの柱としていますが、これは免疫細胞療法を他の治療法と休薬期などベストのタイミングで併用することで、互いのメリットを最大限に引き出し、治療効果を相乗的に発揮しうるからです。

癌の種類や状態によってはもっとも初期に当院の免疫療法を受けられると再発予防のためにも効果が期待できるのではないかと考えています。

自己の免疫細胞を用いた自己免疫細胞療法の可能性は未知数です。だからこそ、当院では最新の研究施設を整え、この分野での新しい可能性を追求しながら、常に最先端のがん治療専門機関であり続けるべく、治療と研究に取り組んでいます。

当院の免疫療法

当院では大別して以下の3つの療法にて治療を行っています。

免疫細胞療法

詳細を見る

活性化したリンパ球やNK細胞を体外で増やして生体に戻すことにより直接がん細胞を攻撃させる

抗体医薬療法

詳細を見る

リンパ球が作り出すサイトカインや抗体を薬剤として作り出し治療に応用する

BRM療法

詳細を見る

生体内でがんを攻撃するリンパ球を活性化させたりサイトカインを作り出す

免疫療法に必要な3要素

がんによって患者さんの身体には以下の免疫異常が引き起こされます。

これらの免疫異常には各症状ごとに方策を講じなければなりません。
「免疫バランスの異常」には免疫力の底上げを行い、「がん認識力の低下」には活性化するように内部強化を行い、「がん攻撃力の低下」には外部から攻撃力の補充を行います。

この三つの要素はどれが欠けても満足する結果は得られません。
相互に高め合う、がん免疫療法の大事な要素なのです。

このページの先頭へ