院長プロフィール

略 歴

1983年
九州大学医学部卒業、 九州大学第一外科入局
1988年
5年間の外科臨床後、第一外科臨床免疫研究室(鳥巣要道先生)で腫瘍免疫の研究をスタート。
1991年
米国UCLA外科留学(DL Morton 教授 Surgical Oncology リサーチフェロー)
1992年
John Wayne Cancer Institute に研究拠点を移動。悪性黒色腫の免疫療法(細胞傷害性Tリンパ球の大量培養など)、インターロイキン4、がん細胞周期の研究を行う。
1994年
九州大学医学部博士号取得
1999年
九州大学第一外科より九州大学医学研究院先端医療医学腫瘍制御学(片野光男教授、現九州大学医学部長)の助手へ移動。
難治がんに対するがん免疫監視機構構築療法(樹状細胞ワクチン+活性化リンパ球療法+BRM療法)の臨床試験I、II相臨床試験を行う。
2004年
九州大学医学研究院先端医療医学部門腫瘍制御学非常勤講師
薬院CAクリニック開設
2008年
医療法人慈生会福岡がん総合クリニック設立
>> 設立記念講演会の様子


著 書

現在、当院長執筆による著書が2冊刊行されています。 >> 詳しくはこちらから

がん治療革命ー未来への提言ー あきらめないがん治療のための8か条 これで分かる!「がん免疫」の真実


このページの先頭へ