院長コラム

(※記事内の情報は執筆当時の内容のため現在とは異なる場合がございます。)

01がんとがん治療に関する私の基本的考え
2004.4

がん、特に進行してしまったり再発したがんは治癒の難しい全身病といえます。

現代西洋医学は、まだまだこの病気に無力である場合も少なくはありません。
しかしながら、がんの本体を解きあかし、その発生機序に基づいて治療手段をうる最も信用できる医学であることにかわりはありません。

私はこの現代西洋医学を最大限にいかしつつ、しかも未治療に加わることのできない免疫療法や代替補完医療を、いかに併用していくかについて常に研究を続けています。

このページの先頭へ