保険外抗がん剤療法

保険外抗がん剤について

当院で行う化学療法は、すべて保険適応外となります。
保険適応となっている標準治療薬剤を併用する場合は、連携している保険医療機関に行っていただいています。

また、保険適応薬剤であっても、パクリタキセル(タキソール)腹腔内投与療法の例など投与の方法が特殊な場合(癌性腹水の治療)は、当院での保険外投与となります。

必要な場合は、国内では未承認あるいは臨床試験中のため海外で認可を受けた分子標的薬剤(米国はFDA、欧州はEU医薬品局)を輸入して使用する場合もあります。

最近での保険外抗がん剤療法の例


このページの先頭へ