細胞培養と品質管理

免疫細胞の採取・保存から投与までの流れ

当院では免疫細胞の採取から保存、培養、投与までを一貫して院長の指導のもとに行います。
免疫細胞療法に必要なアフェレーシス(成分採血)が必須ですが、患者さんの体調により採血のみ行う場合もございます。(※アフェレーシスに関する詳しい説明はこちら

患者さんに投与する細胞やワクチンは、細かなチェックを全てに施し、その結果を患者さんやご紹介医院に提供しております。この培養の一連の流れは、免疫細胞療法の要ですから、妥協せずに検査を繰り返し、安全なものだけを投与する万全の体制を整えています。

このページの先頭へ