複合免疫細胞療法

樹状細胞ワクチン+ワクチン感作活性化リンパ球療法

当院において、樹状細胞ワクチンは主に手術後の再発予防に用います。

樹状細胞ワクチンは、手術で切除された自己がん組織の一部から、がん抗原タンパクを抽出したものを樹状細胞に貪食させて作成しますが、この樹状細胞ワクチンをソケイリンパ節内に数回接種すると数週間で体内にがん抗原ペプチドを認識するTリンパ球が増殖します。

このようにして誘導されたリンパ球をワクチン感作後リンパ球とよびますが、これを末梢血から採取し、それを試験管内でさらに刺激して増やしたものを点滴で戻す治療法を組み合わせる方法があり、これを複合免疫細胞療法とよび、樹状細胞ワクチンと感作後リンパ球療法を交互に実施します。

この方法をとるのは、感作後リンパ球が、体内に誘導されてできたそのままでは癌細胞を攻撃する傷害力が低い可能性があるので、さらに体外で強化して人工的に薬剤で増殖させたものを入れるわけです。

このページの先頭へ