免疫細胞療法

当院の免疫細胞療法

がんは、細胞中の遺伝子の変異によって生じるものですが、抗原提示細胞(樹状細胞)と呼ばれる免疫細胞が、がんによって現れた異常なたんぱく質を処理し、また、がんに対する抵抗力を作る働きがあることが分かってきました。
免疫細胞療法とは、この抗原提示細胞をはじめとする様々な免疫細胞をがんの病態に合わせて体外で加工し、体内の最適な箇所に投与してがんと戦わせるという治療法です。当院では下記の療法を行っております。


培養センター 細胞培養と品質管理

アフェレーシスについて

今後の免疫細胞療法の準備目的で、成分採血器を用いて血液中のリンパ球、NK細胞、単球(樹状細胞のもとになる)を一括採取して長期間凍結保存しておくことが可能です。5年以上の保存が可能です。(※詳しくはこちらから

化学療法や放射線治療前にリンパ球をとって保存しておけば、白血球が減った時にも免疫療法を行うことができます。
痛みやきつさはありません。

極度の貧血のある方、体重が40kg以下の場合にはできない場合があります。

当院で用いる主要細胞

免疫力が最大限にがんに立ち向かうには、樹状細胞、活性化Tリンパ球、NK細胞が協力してがんを攻撃することが重要であることが分かってきました。そのいずれの機能が損なわれても、十分な効果は得られません。
樹状細胞は、NK細胞を活性化したり、がん抗原を認識するTリンパ球を活性化・増殖させたり、両者にインターフェロンガンマを放出させたりすることにより、その機能を果たしています。


このページの先頭へ